プラットフォーム戦略とは?成功例を踏まえて分かりやすく解説

現代のビジネスモデルにおいて、注目を集めている戦略の1つにプラットフォーム戦略があります。GAFAを始めとする、巨大IT企業はプラットフォーム戦略を駆使して確固たる地位を築きあげました。日頃からニュースを見る方はプラットフォームという単語を聞いたことはあるのではないでしょうか。しかし、プラットフォーム戦略はあまり耳にした事が無いかと思われます。そこで、今回はIT時代の戦略の1つであるプラットフォーム戦略について事例を踏まえて分かりやすく解説していきます。

そもそもプラットフォームの意味や特徴は?

プラットフォーム戦略について知る前に、まずはプラットフォームの意味や特徴を押さえておく必要があります。そのため、ここではプラットフォームについて簡単に解説していきます。

プラットフォームの意味

プラットフォームとは、情報や商品・サービスがやり取りされる場(環境)を指します。プラットフォームをビジネスの中心に構えている企業をプラットフォーム企業・プラットフォーマーと呼びます。例えば、Appleの提供するApple Storeがプラットフォームに該当します。この場は、開発したアプリの提供者とそれを享受する利用者が取引をする事で成立しているのです。その他のプラットフォームは、メルカリやUber等が挙げられます。

参考:グロービス経営大学院/プラットフォームとは・意味

「取引の場」としてのプラットフォーム

プラットフォームの特徴として、「取引の場」であり単独ではユーザーに価値を生み出さない事が挙げられます。電話を例に見てみましょう。もしも、電話の利用者が世界で自分一人しかいないとします。すると、電話を使う気にはなりませんよね。何故なら、電話を通じで話す相手がいないのですから。プラットフォームは、プラットフォームの参加者である企業やユーザーがアクションを起こす事で初めて価値を生み出すものであり、それ単体では利用者は満足する可能性は低いのです。

利用者が多ければ多いほど価値を発揮する

プラットフォームとクリティカルマスの解説

プラットフォームは利用者が多ければ多いほど真価を発揮します。上の図では、先ほどの電話をプラットフォームの例として出しています。電話を利用する人が増えれば増える程、連絡の取りたい人と簡単にやり取りする事が出来ます。さらに、電話を利用していない人も影響を受けてプラットフォームに参加する現象も起き、利便性が飛躍的に向上します。利用者だけではありません。企業にとっても、顧客獲得コストやサービス提供コストが低減する大きなメリットが生まれるのです。これをネットワークの経済性と呼びます。

ネットワークの経済性は、プラットフォームビジネスにおいて重要な役割を果たします。詳しくはネットワークの経済性/クリティカルマスとは?意味・事例を踏まえ分かりやすく解説の記事をご覧ください。

プラットフォーム戦略とは

プラットフォーム戦略とは、情報や商品・サービスのやり取りを行う企業やグループに対して取引する場(プラットフォーム)を提供する戦略を指します。簡潔に言うと、企業や消費者が効率良く取引出来るように魅力的なプラットフォームを提供する事を意味します。この経営戦略は、デジタル時代で注目されており、多くの巨大IT企業が取り組んでいるのです。

プラットフォーム戦略の目的は、利用者が増大する事で自社の収益性を拡大する事にあります。そのため、プラットフォーマーは、プラットフォームの参加企業の人脈やノウハウ、ユーザーの顧客情報を取り込み、更なるビジネス拡大を狙うのです。また、協力企業をプラットフォームの参加者にする事で、新規顧客の獲得や他のプラットフォームへの乗り換え防止策を図ります。

デジタル時代のプラットフォーム戦略が解消した負の側面

プラットフォームと聞くと、GAFAのようなデジタルを活用したIT企業を思い浮かべるかもしれませんが、実はデジタル時代以前にも存在していました。それが百貨店です。百貨店は、洋服店や雑貨店、飲食店(参加企業)と消費者(ユーザー)が商品などの取引が出来るように商業ビル(プラットフォーム)を提供しています。ここにおけるプラットフォームも、それ単体では価値を発揮しませんが、利用者がいる事で価値を発揮しているのです。

一見すると魅力的に見える百貨店ですが、実はこの形態には負の側面があります。「取引の場」である百貨店(プラットフォーム)は、利用者の条件によっては参入障壁が高い事です。百貨店の立地場所から遠い場所に住む顧客や、時間の確保が難しい顧客にとっては、百貨店の利用は難しいのです。また、ネットショップではなくリアル店舗のため、店員や在庫管理の費用を負担する必要があります。

しかし、ネットの普及により、消費者は自由な時間に立地に囚われる事無くショッピングを出来るようになりました。また、ネット上ののプラットフォームであれば、常駐店員の設置や在庫を気にすることなく運営出来るため、費用を低減する事が可能です。さらに、百貨店であれば参加者があまりにも多いと入場規制がかかり、利用者の便益や参加企業の収益効率が下がる可能性があったの側面を、店舗を構えない事で解消しました。

プラットフォーム戦略が注目される理由

プラットフォーム戦略は、現代の経営戦略において非常に注目されています。それはいったいなぜでしょうか。ここでは、その理由について3つ解説していきます。

①ネットワークの経済性を効かせやすい

ネットが普及する以前は、プラットフォームを運営するには場所の確保が必要でした。また、場所を確保したとしても利用者が多すぎると制限を設けなければならず、参加者の便益を下げることもありました。しかし、ネットが普及し参加者の数を気にすることが無くなったため、ネットワークの経済性を効かせることが容易になりました。また、SNSやサイト上で商品サービスの口コミにより、サービスが認知されるようになったことも要因として挙げられます。

②顧客分析が容易

現代のネットプラットフォームの参加者は利用時に顧客情報を登録します。そして企業は、顧客情報やプラットフォーム内で一人一人がどのような動きをしているのかを、データとして収集していきます。そうする事で、顧客一人一人に向けた最適なレコメンドや、提供サービスのアイデアを考案し、購買活動にプラスの影響を与える戦略に繋ぐことが出来るのです。

かつてのマス広告のように、不特定多数に向けたプロモーションでは消費者の心を動かせなくなった現代において、顧客分析は重要視され、その情報を集める手段としてもプラットフォームは注目されているのです。

③新たなビジネスの機会を生む

プラットフォーマーは、参加企業のノウハウや人脈、顧客情報や購買行動を得ます。1つの業界に限らず、様々な業界がプラットフォームに参加する事で、新たなビジネスの機会を発掘し、収益の拡大を目指す事が可能になるのです。そうして、新たに立ち上げたビジネスを育て、プラットフォームとの関係性を持たせると、他への消費者の流入を防ぐことや新規顧客獲得に繋がります。このようにして、プラットフォームを起点にビジネスを循環する事が出来るため、プラットフォーム戦略が注目されているのです。

プラットフォーム戦略を成功させるためには

ここまで、プラットフォームやプラットフォーム戦略について説明してきましたが、ここでは実務においてプラットフォーム戦略を導入して成功させるためのポイントを解説していきます。中でも、特に重要である基本2つのポイントについてここでは紹介しています。

①市場とターゲットの選定

どのようなビジネスにおいても、市場とターゲットの選定は欠かせません。特に、プラットフォーム戦略で意識しておくべきなのはブル―オーシャンを狙う事です。例えば、「iTunes」はレコード店に足を運び曲をダウンロードしないと、音楽を再生できない消費者の不便を解消した事で爆発的な人気を得ています。また、「クラウドワークス」では業務遂行において不足している人的リソースを解消するサービスを提供する事で、今でも多くの利用者を確保しています。要するに、「市場の不満をまずは見つける事」を意識すると、プラットフォーム戦略の成功に一方近づきます。

②キャッシュポイントの工夫

プラットフォームを運営する上で、プラットフォーマーは出来るだけ多くのユーザーを抱えておく必要があります。しかし、ユーザーを多く抱えるために大部分のサービスを無料で提供していると、思うように収益を上げられずにかえって運営に支障をきたしてしまうでしょう。

従って、ユーザーが課金するポイントはどこにあるのかを見極めたり、参加企業が支払う料金体系をどのように設定するのが一番効率が良いかを見極めた上でプラットフォーム戦略を実行していきましょう。具体的な方法についてはフリーミアムモデルとは?ポイントや事例を解説の記事をご覧ください。

 

プラットフォーム戦略の事例

ここまで、プラットフォーム戦略について説明してきましたが、この戦略による成功事例を知りたい方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、プラットフォーム戦略の理解を上げるために成功事例をいくつか紹介します。

1,Amazon

Amazonは世界で最も利用者の多いECサイトです。同社は、企業や個人の出品者と購入者が自由に取引を出来る場(プラットフォーム)を提供しています。Amazonは大量に商品を売りたい場合に直面する在庫リスクを、ネットショッピングの形態を採用することで解消しました。また、購入から発送までの短縮を実現するために、Amazonは独自の倉庫を保有し、そこに在庫を管理する事でユーザーの利便性を向上させることに徹底しています。結果、今日ではGAFAと呼ばれる巨大企業になったのです。

その他のAmazonの成功事例の解説記事は以下です。

2,Twitter

Twitterはユーザーの日常の出来事や思っていることを140字以内のテキストで簡単に呟くことが出来るサービスです。このプラットフォームの特徴は、リアルタイム性の高さ気軽に投稿できる点にあり、その性質から多くの利用者がいます。最近では、企業のマーケティングや、プロモーション広告を打つためにTwitterを活用する事が増えています。

3,Apple

AppleはApple StoreやApple Payなどの巨大プラットフォームを保有しています。特に、Apple Storeはアプリの提供者と需要者が取引する場(プラットフォーム)を提供しており、有料アプリや課金アイテムの手数料を取る事で、自社の収益を確保しています。しかし、手数料が高いと叫ばれApple税と揶揄される事があるのも事実です。この件については、プラットフォームvs参加者で詳しく解説しているのでご覧ください。

まとめ:皆の利益を考えたプラットフォーム構築が大切

プラットフォーム戦略は一度成功すると一人勝ちになりやすい戦略です。そのため、多くの企業がこの戦略の採用を実施、あるいは試みています。しかし、自社の利益だけを考えるとプラットフォームの参加者から不満が寄せられる可能性もあります。特に、Appleは手数料が高いが為に参加企業から反発の声が上がっています。これが原因となり、利用者が減少しては折角のプラットフォームの魅力が薄れてしまいます。こうした事態を防ぎ、より良いビジネスを行うためにも、多方向の利益を考えたプラットフォームの構築は大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。