レヴィンの変革モデルとは?事例を踏まえて解説

レヴィンの変革モデル

企業が成長し続けるためには、時代の変化に合わせて社内にも変革を促さなければなりません。しかし、この変革を素直に受け入れるための体制が整備されていないと、従業員の混乱を招く恐れがあります。それを防ぎ、変革に対してスムーズに対応できるようにクルト・レヴィンは組織変革のプロセスを考案しました。今回は、この組織変革プロセスについて解説していきます。

レヴィンの提唱した3段階の変革モデルとは

ドイツ生まれの心理学者であるクルト・レヴィンは社会心理学の父と呼ばれています。彼は、組織変革の成功には①解凍②変革・移動③再凍結の3段階が必要であると定義しました。これがレヴィンの提唱した3段階の変革モデルです。以下で各段階について詳しく見ていきましょう。

第1段階:解凍

解凍とは、価値観は先入観からの解放を意味します。変革を起こすためには、まずは変革の必要性を認識し、変革に向けた意識を醸成しなければなりません。変革の必要性を理解していなかったり、変革の必要性を感じていても今は不要と考えていると、心理的な障壁が妨げとなり改革に支障をきたします。そのため、変革を起こす前にまずは現状に対する価値観や固定観念を回答する必要があるのです。

第2段階:変革・移動

解凍の作業により、変革の必要性が従業員に浸透した後は、具体的に変革の実行をします。この段階では、目指すべき改革の方向性や全体像を共有し、改革に際して誰が、何を、いつまでに実行する等の具体的な実効策を定義する必要があります。加えて、それらの変革が実行されどのような効果を生み出しているのかを検証しなければなりません。そして、効果が出なければ第2段階に留まり効果が出るまで試行錯誤を重ねます。

第3段階:再凍結

折角、変革を起こせたとしても以前の習慣に戻っては変革を起こした意味がありません。従って、従業員が以前の状態に戻ろうとすることを防ぐ必要があります。そのために、変革の成果を検証できた段階で、それを組織内に定着させ習慣化させる必要があります。これを行う事で、組織内では変革後の状態が当たり前のものとして根付いているのです。

組織変革が求めらるようになった理由

組織変革の必要性は、ITの発展した現代社会において重宝されるようになりました。特に、DX化(デジタルトランスフォーメーション)の影響が大きいでしょう。テクノロジーの発展に伴い、企業はあらゆるものをIT化する事が求められるようになりました。その過程において、DX化の波に対応した企業は業績をグングンと伸ばし、反対に乗り遅れた企業は業績悪化の一途をたどっています。また、それに伴い高度なIT技術を保有する会社のM&Aを活発的に行う動きも見られます。

このような外部環境の変化だけでなく内部環境の変化も組織変革を後押ししています。その最たる例が、働き方改革です。過労死を防ぐために残業時間を減らしたり、女性でも働きやすい職場環境を提供できるように、育児手当に力を入れる企業も増加しています。外部環境と内部環境により、組織変革が今重要視され始めているのです。

組織変革を進める上でのポイント

組織変革は従業員の働く環境を大きく変えるため、実行にあたって押さえておくべきポイントがあります。以下では、3つのポイントを紹介しています。

変革の必要性を示す

変革の必要性を十分に説明せず行うと、不信感やストレスを感じる従業員も現れるでしょう。組織変革に対する従業員の十分な理解を得ずに、変革を実行すると企業全体の士気が下がったり、離職者の増加に繋がる可能性があります。そのため、組織変革に取り組む際は事前に変革の必要性・正当性を説明しておかなければなりません。

リーダーシップの発揮

組織変革は、通常の業務とは異なり経営陣・現場社員ともに大きな負荷がかかります。そのため、レイヤーが上の従業員がしっかりと部下を指導し、効率良く変革に取り組む必要があります。そのために、組織全体の目標を明示し、何が必要かを伝達したうえで、部下の様子に変わりは無いかを確認するようにしましょう。組織変革には従業員の適切なマネジメントが必要不可欠です。

柔軟に対応できる組織体制

組織変革では、必ずしも最初の目標通りに変革が成功するとは限りません。壁にぶつかる度に他のアプローチを模索する等して柔軟に対応する必要があります。当初の仮説と検証結果が異なる場合には、別のアプローチを実行しなければなりません。その際に、上層部と現場のコミュニケーションがうまく取れなかったりすると、変革の時間がかかるばかりか、組織に対する不信感に繋がってしまう可能性もあります。そのため、組織変革を行う際には事前に様々な事象に柔軟い対応できる組織体制を整えておきましょう。

まとめ

組織変革は、会社全体を動かす一大イベントです。だからこそ、普段以上に従業員を適切にマネジメントし、変革の必要性を周りに示す必要があります。しっかりと変革の必要性を示せれば、組織変革はスムーズに行えるでしょう。その逆も然りです。組織変革を行う際には、この記事で解説したことを踏まえながら従業員との適切なコミュニケーションを第一に取り組みましょう。

組織を効率良く動かすための1記事

ダブルループラーニングとは?事例を交えて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。