タイアップ広告とは?メリットとデメリットを踏まえて効果を上げるためのコツを解説

タイアップ広告とは

皆さんは、「PR」や「Sponsored」という印がついた記事を見たことはありませんか?これは「タイアップ広告(記事広告)」について知らない方であれば「何か特別感のある記事だな。」程度で終わってしまうかもしれません。実は、これは記事と同じ体裁で出稿されている広告である目印なのです。現在はタイアップ広告という名前で浸透しており、別名で記事広告とも呼ばれる事もあります。

インターネットが広く普及した短期間で、WebメディアやSNSなどインターネット上や新聞や雑誌などのマスメディアを通じて、多くの企業がタイアップ広告(記事広告)を取り入れるようになりました。

タイアップ広告(記事広告)について学ぶことで、自社の製品サービスの魅力を最適な形で宣伝する方法を詳しく知る事が出来ます。今回は、タイアップ広告(記事広告)の特徴やメリット・デメリットを解説し、最後にCVを増加させるためのコツを解説していきます。では、早速一緒に見ていきましょう。

タイアップ広告(記事広告)とは

タイアップ広告

タイアップ広告(記事広告)とは、第三者の視点で製品サービスの魅力をまとめた記事を他社メディアに掲載する事で、ターゲットに効果的に訴求する広告手法です。この広告手法により掲載された記事は、通常の記事と区別をつけるために「PR」や「Sponsored」などの表記をされています。

タイアップ広告(記事広告)は、他の記事と同じ体裁で記載されるため、コンテンツの阻害要因としてユーザーに避けられる可能性が低いネイティブ広告に該当します。登場背景に「バナー広告やディスプレイ広告のマイナス点をカバーする」事がある点からも、一般的にバナー広告やディスプレイ広告よりもクリック率が高くPVも獲得しやすい傾向があります。

タイアップ広告(記事広告)の特徴

タイアップ広告(記事広告)の特徴はなんといっても、「広告の要素を感じさせない事」です。通常の広告であれば、如何にユーザーの目を惹きつけるかがポイントになるため、広告デザインや広告出稿のタイミングに力を入れる傾向があります。しかし、それがかえってユーザーに嫌悪感を抱かせてしまう事に繋がる場合もあるのです。

例えば、デザインに力を入れれば期間限定!一押し!など、その広告で訴求している製品サービスに興味の無い人が見た場合、嫌悪感を抱かれてイメージダウンに繋がる場合もあります。

しかし、タイアップ広告(記事広告)は、デザインではなく内容(記事)を通じた訴求を第三者視点で書いているため、広告に対する心理的ハードルが下がる傾向にあります。また、広告記事も他の記事と体裁は同じため、ユーザーが気軽に目を通してくれる確率も高まります。

タイアップ広告(記事広告)の種類

タイアップ広告(記事広告)は大きく分けて3つの種類に分けられます。ここでは、「インタビュー記事」「サービスレビュー」「サービス紹介記事」の3種類について説明しています。

①インタビュー記事

インタビュー記事とは、文字通り記事編集者が広告主などへインタビューする形式で執筆される記事を指します。具体的には、製品開発の裏側や企業での働き方・製品サービスにかける想い等が書かれます。インタビュー形式で記事が執筆されるため、完成度が高いだけではなく、製品サービスの詳細が語られるため訴求力も強くなります。

②サービスレビュー記事

情報社会と呼ばれるこの時代、消費者は大きな買い物をする前にレビューや口コミを参考にする事が増えています。レビューの良い点に加えて改善点も載せ、ユーザー目線での率直な意見を広告に載せる事で、信用度も高くなります。

③サービス紹介記事

第三者の立場で「サービスの実態」を伝えるのがサービス紹介記事です。商品・サービスを様々な角度で紹介する事で、どのような便益があるかを伝えられるため、購入の後押しが可能です。

タイアップ広告(記事広告)のメリット・デメリット

ここでは、タイアップ広告(記事広告)のメリット・デメリットを解説しています。これから紹介するポイントを押さえて、宣伝したい商品サービスとの親和性を加味して出稿するかを検討するようにしましょう。

タイアップ広告(記事広告)のメリット

タイアップ広告(記事広告)のメリットは主に5つ挙げられます。

①深い認知/興味/理解に最適

「バナー広告」や「5秒~15秒の短尺動画広告」とは異なり、物語としてコンテンツを制作する記事広告は、製品の情報を詳細に伝えることが可能です。そのため、消費者からの製品サービスの理解を得てもらいやすいです。また、読み手は能動的にコンテンツを読むため、製品サービスの魅力をしっかりとアピールすることで惹きつける事が出来るでしょう。

②掲載媒体の特性に沿った広告を展開

メディアによって、ボリュームゾーンのユーザーやコンテンツに違いがあります。そのため、媒体知識を基に製品サービスを媒体で記事掲載して宣伝すれば、効率良くアピールポイントを訴求出来ます。極端な例ですが、メンズ向け製品サービスを宣伝したいのであれば、男性ユーザーが多い媒体に広告を掲載するようにしましょう。実際は、性別だけではなく、年齢や生活スタイル・月間UU数などを加味してメディアを選定していきます。

③広告コンテンツに対する接触時間が長い

記事広告は、テキスト広告やバナー広告とは異なり、時間をかけてコンテンツを読んでもらえます。そのため、広告掲載したのに製品サービスの魅力を十分に伝えられない等のミスを防げる可能性が高いです。大体のタイアップ広告(記事広告)は物語調で執筆されるため、ユーザーに飽きることなく広告に触れてもらえます。

④リーチできるユーザー数が多い

スマートニュースやTwitter/Instagramなど、タイアップ広告を出来るメディアはドメインパワーが強く大量のユーザーにリーチできます。元々信頼のあるメディアに広告が掲載されるため、ユーザーにも安心して広告商品を利用しようと思わせる事が出来るでしょう。

⑤広告接触への心理的ハードルが低い

冒頭でもお伝えしましたが、タイアップ広告(記事広告)は出稿媒体のテイストに合わせた記事で広告配信するため、広告だと思われる可能性がバナー広告やディスプレイ広告と比較すると低いです。また、興味のあるタイトルであればユーザーも自ずと記事を読む為、ユーザーの広告接触に対する心理的ハードルが低いです。そのため、煙たがられる事無く広告出稿出来るメリットがあります。

タイアップ広告(記事広告)のデメリット

記事広告のデメリットは3つあります。

①出稿費用が高い

タイアップ広告(記事広告)の料金相場は他の広告と比較するとかなり高額です。特に、ユーザーボリュームも大きく信頼の厚いメディアであればあるほど出稿費用が高額になる傾向があります。そのため、大手メディアに広告掲載したは良いものの、思ったよりも効果が低いと感じてしまう場合もあるかもしれません。

②掲載までに時間がかかる

メディアの規模が大きくなればなるほど、配信は順番待ちの状態になることが多いです。そのため、記事を掲載するまでに時間がかかってしまいます。また、メディアが記事を執筆するため、作成時間がかかってしまうのもデメリットとして挙げられます。

③記事作成に労力がかかる

タイアップ広告(記事広告)の性質上、第三者視点で製品サービスについて執筆しなければなりません。従って、外部のライターや編集者に執筆依頼をして記事を書いてもらう場合もあります。その際、内容の打ち合わせや取材交渉などで、作成に労力がかかってしまいます。

タイアップ広告(記事広告)に向いている商品

すべての製品サービスがタイアップ広告(記事広告)に向いているわけではありません。この広告の特徴を捉えたうえで最適な製品サービスを宣伝するのが、広告に対する投資対効果を高めるコツです。

①高額な製品サービス

一般に、高額な製品サービスであればあるほど、ユーザーの購買ステップに口コミや知人に対する情報収集が組み込まれてきます。例えば、家電製品や車などのサービスが挙げられます。そのため、ユーザーに対してどのようなベネフィットがあるのかを記事で明言してあげる事が大事でしょう。

②魅力が伝わりづらい製品サービス

消費者に馴染みがなかったり、新発売の製品サービスは能動的に調べて貰えなければ魅力を伝える事が出来ません。だからといって、バナー広告やディスプレイ広告で宣伝したとしても馴染みが無い為、魅力が伝わりづらく、広告をクリックしてもらえない可能性もあります。上手くタイアップ広告(記事広告)でユーザー目線でのベネフィットや有識者の意見を載せる事で、上手く魅力を伝えることが可能になります。

③ネガティブな印象を持たれている商材

心理学の世界において、第三者による情報は信用性が高いと思われやすい傾向がある事が証明されています。そのため、ネガティブな印象を持たれている商材はタイアップ広告(記事広告)を活用する事で評判を上げる事が出来るのです。加えて、有名なメディアに掲載される事で信用度も上げる事も可能でしょう。

タイアップ広告(記事広告)の効果を高める方法

では、実際にタイアップ広告(記事広告)の効果はどうしたら高まるのでしょうか。その鍵は「行動心理学」にあります。広告と心理学は、キャッチコピーや色使い/画像などの様々な要素において密接に絡みついています。質の高い広告作成に向けて、広告文を作成する際や依頼する際のチェックポイントとして取り入れると良いでしょう。

①バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、世の中のトレンドや周囲の評弁に意思決定を左右されやすい心理傾向を指します。「NO.1商品」「○○さんご愛用!」などのコピーを用いると、スムーズに購買の後押しを出来るでしょう。

②ウィンザー効果

ウィンザー効果とは、第三者からの意見を信頼する心理傾向を指します。その道の有識者やインフルエンサーなど、詳しい情報を有している人や有名人であればあるほどこの効果は高まります。また、「○○指数が1.5倍」など定量的に紹介してもらう事で、より信頼度も高まるでしょう。

③カリギュラ効果

プライベートな話ではありますが、筆者のYouTube広告ではカリギュラ効果を用いた広告が非常に多く流れてきます。カリギュラ効果とは、禁止されるほど衝動に駆られてしまう心理傾向を指す行動心理学の用語です。「○○な人以外は見ないでください」「○○なら絶対に読むな」など、ターゲットを限定するタートルを用いる事で、ターゲットに自分であるとの自覚を持たせた訴求を行えます。

まとめ

タイアップ広告(記事広告)はインターネットが普及するにつれて発展してきた広告の1つです。今回は様々な角度から分かりやすく解説しましたが、広告は消費者を騙すために存在するのではなく生活を豊かにするために存在します。消費者が求めているのは「真実の情報」であるため、決して偽りの無いようは記載せずその上で上手く心理学を用いて広告効果を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。