ネット広告を運用する目的やポイントを分かりやすく解説

ネット広告利用のポイント

個人や企業はなぜネット広告を利用するのでしょうか。誰しもが知っている有名企業も、ネット広告を駆使したマーケティングを展開しています。既に知名度があるならば、ネット広告を利用しなくても良いだろうと考える人もいるでしょう。また、ネット広告を出稿したいがメリットが分からない人もいるでしょう。そのような方向けに、今回はネット広告を運用するメリット・目的について分かりやすく解説していきます。

広告主がネット広告を運用する目的

ネット広告 利用目的

広告主がネット広告を運用する目的は大きく分けて2つに分ける事が出来ます。ブランドイメージ向上とダイレクトレスポンスです。広告をする事で狙う効果が違うため、この2つに分類されます。ここでは、広告主がネット広告を利用する目的について、詳しく解説しています。

ブランドイメージ向上の目的

ブランディングは、さらに認知獲得と知名度向上の2つに分類する事が出来ます。どちらも、広告主の提供する製品サービスの理解を深めてもらう事が目的となりますが、目的により広告配信の仕方が変わってくるのです。

製品サービスの認知獲得

製品サービスの認知獲得を目的にネット広告を利用する場合は、大手媒体社(メディア)などを利用して広告配信をします。元々ユーザーが多い場所へ広告配信する事で、多くのユーザーから認知を獲得できるのです。また、認知獲得を目的として広告配信をするため、ユーザーから認知されやすい大きなバナー広告やビデオ広告などを用いて広告を配信します。表現の部分では、印象の強い広告デザインを制作する等して工夫も施されています。

製品サービスの理解

知名度を向上してもらう以外にも、自社の提供する製品サービスを理解してもらうためにも広告は配信されます。広告に興味を持ったユーザーがクリックし、特定のwebページやLPを訪問し宣伝している製品サービスの資料を読み込むことで、製品サービスの理解が深まるのです。この目的を持って広告配信をする際には、製品サービスの想定顧客層のターゲティングを行い広告のクリックを誘導します。

ダイレクトレスポンスを狙った目的

ダイレクトレスポンスを目的とした広告では、製品サービスの問い合わせや商品購入など広告を経由してユーザーが具体的なアクションを起こす事を狙います。そして、それらの成果をコンバージョンと呼び、ネット広告の運用ではコンバージョン数を高めるために何度もPDCAを回します。ダイレクトレスポンス広告は、製品サービスの購入を目的とするため、広告に情報が多く書かれる事が多いです。しかし、やりすぎるとかえって嫌悪感を抱かれる可能性もあるため、注意しなければなりません。

ネット広告を運用する上で重要なポイント

ネット広告を利用する目的について理解したものの、実際にネット広告を利用する際に何を意識すべきか分からない方も多いのではないでしょうか。そのような方向けに、この章ではネット広告を利用する上で押さえておきたい重要なポイントを解説しています。

目的を明確にする

これはネット広告に限った話ではありませんが、広告を利用するからには明確な目的意識を持っておくべきです。広告主の中には「広告は良く分からないけどとりあえず出せば顧客が増えそう」という理由だけで、広告を出稿する方もいます。一方で、「今はブランドイメージ向上のため、後に商品購入へ直接繋げるための広告を配信する」という目的を持って広告を配信する広告主もいます。結論から言うと、後者の方が圧倒的に成果が出やすい傾向にあります。何故なら、目的がはっきりしているため広告効果測定の際に何が足りていないかを把握しやすいからです。そのため、広告効果測定を通じて次に繋がるアプローチを立てやすいです。前者だと、目的もはっきりとしていないため広告を出した意味を掴めず最悪の場合、成果もあげられずにただ広告を配信しただけで終わってしまうでしょう。

目的に合わせた運用法を考える

ネット広告には様々な種類の広告が存在します。バナー広告やリスティング広告、ネイティブ広告やビデオ広告のように時代に合わせて新たなネット広告が誕生し、これからの種類は増えていくでしょう。これらの広告は広告主が期待する効果に合わせて、最適なソリューションを提供するために登場しました。したがって、狙いの広告効果に合わせた広告タイプを運用する事で、効率良くユーザーにメッセージを訴求できるのです。例えば、製品サービスについての理解を深めてほしい場合はビデオ広告を活用してボリュームの多いメッセージを配信する。ブランドの認知拡大を狙う際には、バナー広告を扱うなどして広告タイプと狙いの広告効果の親和性を加味した運用をすべきでしょう。

ターゲットを明確にする

ネット広告の最大のメリットは、狙いのターゲットに対して最適な広告を配信できる点です。マス広告だと、都道府県レベルでターゲットを選定するのがやっとだったのに対して、ネット広告では居住地域や性年代に合わせた広告を配信できます。そのため、ネット広告配信による効果を最大限に高めるにはターゲットを明確にした方が良いでしょう。そうでないと、髭剃りの広告が女性に配信されたり、子供に対してお酒の広告が配信されたりと、広告に対する投資対効果が薄れてしまいます。このような事態を避けるためにも、ターゲットは明確に定めておかなければなりません。

まとめ:ネット広告の特徴を押さえた運用が大切

ネット広告はこれまでのマス広告では出来なかった様々な事を実現しました。そのため、広告主は目的に合わせてネット広告を利用する事で高い投資対効果を望めます。また、その目的に合わせた広告の種類を運用する事で、ターゲットに効率よくメッセージを訴求出来ます。そのため、ネット広告を運用する際には各広告タイプを押さえることが大事と言えるでしょう。

正確なターゲティングを行いたいなら読むべき1記事

STP分析とは?意味や分析方法をスターバックスの事例を交えて分かりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。