インターネット広告料金が決まる仕組み

ネット広告の料金が決まる仕組み

皆様は日ごろ目にするインターネット広告はどのような仕組みで広告料金が決定されているのかを疑問に思ったはありませんか。また、これからインターネット広告を出稿しようと考えている広告主の方は、広告料金がどのように決定されるのかを知りたくはないでしょうか。そこで、今回はインターネット広告の料金決定の要因について詳しく解説していきます。

インターネット広告料金のポイント

まず初めに、インターネット広告料金が決定される前に知っておいた方が良いポイントを紹介しておきます。広告を掲載するメディアの媒体社は、広告出稿に際して広告の最低配信数や上限金額を設定している場合があるため、チェックしておく必要があります。そのため、広告主は広告予算に応じて媒体社に料金を確認しておいた方が良いでしょう。

また、予算に関しても同様で掲載するメディアや広告形式・期間によって広告料金が大きく変わるため、細かい事を決める前にまずは広告料金をいくら割けるのかを明らかにしておいた方が良いでしょう。一般に、ターゲットに対するリーチのしやすさで広告料金の多寡は定まります。媒体社について詳しく知りたい方は、媒体社(メディア)とは?ネット広告における意味とメリットを解説の記事をご覧ください。

インターネット広告の料金を決める6つの要因

広告料金は広告主が期待する広告効果によって大きく異なります。一般に、インターネット広告を決定する要因は主に6つあります。それでは、これら6つの要因について詳しく見ていきましょう。

ユーザーへのリーチ数

広告主の目的が認知拡大であり、多数のリーチを獲得したい場合は必然的にマス広告の利用や広告配信数を増やす必要があるでしょう。そうすると、多くの広告枠を購入したり、高い広告枠を利用するため必然的に広告料金が高くなるでしょう。リーチ数が非常に多い新聞広告では、一面に掲載するのに一回あたり1千万円からが相場ととても高額であることが分かります。

参考:新聞広告 相場

ページ内の広告枠の位置

広告を掲載する際は、どこに広告出稿するかも考えなければなりません。ターゲットユーザーが広告を目にしやすい位置にある広告枠ほど、広告料金は高くなる傾向があります。そのために、広告枠を販売する媒体社はユーザーが広告に効率的にリーチできるようにアドテクノロジーを駆使して広告効果を高めます。

広告のサイズ

前述した広告枠の位置と同様に、広告料金はユーザーがリーチしやすければしやすい広告であるほど高くなります。広告のサイズも同様で、広告サイズが大きければ料金は高くなり小さいものは低価格になります。広告のサイズも大きい方が、視認性も高まるため料金傾向は高くなるわけです。

広告クリエイティブの種類と容量

広告クリエイティブとは、簡単に言うと広告用に作成したデザインを指します。日頃、皆様が目にする広告そのものが広告クリエイティブです。オンライン広告とオフライン広告では前者の方が高く、後者の方が安いのが相場です。また、クリエイティブも画像よりも動画のように高容量の広告配信をしようとすれば料金も高くなります。

媒体社の提供コンテンツ

広告枠を提供する媒体社のコンテンツの専門性が高いほど料金傾向は高まります。IT系やスポーツ系、女性系などの専門性が高いコンテンツを提供する媒体社の広告掲載は、ターゲットを絞りやすいため広告掲載料金は高まります。専門性の高いメディアと親和性の高い広告出稿が可能なため、多くの広告主からの需要を寄せ集め料金傾向も高くなるのです。

ターゲティングの絞り込み機能

前述した通り、広告料金はターゲットへのリーチがしやすいほど高くなります。そのため、広告を表示させるユーザーを細かく設定できる広告機能を提供するメディアへ広告出稿をすれば料金は高くなります。性別や年齢、居住地やニーズごとで詳細なターゲティングが出来る機能用いて広告を配信出来れば、それに比例して広告効果は必然的に高まるのです。

広告運用者と広告費用

広告運用を担当する人によって、広告費用も変動します。一般に、広告運用は自社運用か、広告代理店やフリーランス等の第三者のどちらかが行います。

自社で広告運用をする場合は、運用をアウトソーシングする費用を抑えられるため低価格での運用を行えます。しかし、広告運用に関する知識をそれなりに身に付けていないと、期待できる広告効果が低下する可能性があります。そこで登場するのが広告運用のプロである広告代理店などの第三者です。相場では、広告運用費の20%を広告代理店に収める制度を導入する会社が多いです。そのため、広告運用をアウトソーシングすると手数料を取られるデメリットが存在します。

しかし、彼らは広告運用に関する知識やノウハウが豊富にあるため、広告の改善をより的確に行い自社運用よりも高い広告効果を見込めます。専門性の高いコンテンツや広告予算に余裕がある場合は、第三者に広告運用を任せてみてはいかがでしょうか。

まとめ

インターネット広告配信の料金は利用する媒体や広告の種類によって大きく変動します。また、広告配信になれていないと適切な媒体や広告の種類を選べずに広告効果を実感することは難しいでしょう。

広告効果を高めるには、広告の知識やユーザーの購買欲求を煽る為のマーケティングを理解する必要があります。そのため、必要に応じて広告代理店に広告運用を依頼するか否かを見極めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。