メディアとは何か?マーケティングや広告における役割を踏まえて解説

メディアとは

皆さんは日常生活において「メディア」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。特に、広告業に携わる人やニュースを良く見る人であれば良く耳にする言葉だと思われます。しかし、その意味を何となくしっていても、その役割やメディアのマーケティングにおける活用法についてピンとこない人もいるでしょう。そのため、今回はそのような方向けに「メディア」について分かりやすく解説していきます。

メディアとは

メディアとは「情報伝達を媒介する手段」であり、媒体とも呼ばれます。代表的なメディアにマスメディアが挙げられます。マスメディアは、文字通り何百万人もの大衆に向けて清一色の情報を一方的に配信するメディアです。一般的に、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4つを指し「4マス」と呼ばれています。

近年では、インターネットが普及したことによりLINEやTwitterなどのソーシャルメディアや、メールや電話などのダイレクトメディアを活用したマーケティング戦略が注目されています。インターネットメディアは、マスメディアとは異なりターゲットの絞り込みが容易なため、マーケティング効果測定をしやすいです。そのため、今後もインターネットメディアを利用したマーケティング戦略はどんどん広がりを見せていくでしょう。

参考:weblio マスメディア 意味

マスメディアとインターネットメディアの比較

先ほども少し触れましたが、マスメディアとインターネットメディア間には大きな違いがあります。ここでは、広告やマーケティングの観点でその違いを3項目に分けて紹介しています。

ターゲットに広告を的確に表示させる精度

広告出稿の際にマスメディアを利用した場合は、テレビCMやラジオ広告を利用して情報発信をするため、皆が一様な情報を広告主から受け取ります。しかし、インターネットメディアの場合は、IPアドレスや登録した個人情報を基に個人レベルでの広告表示が可能なため、宣伝する商品は同じでも異なる表現方法で伝えることが出来ます。そのため、伝えたいイメージをより正確に伝播させることが可能です。

広告効果測定の図りやすさ

広告効果測定の図りやすさもマスメディアとインターネットメディアでは大きく異なります。マスメディアの場合は、広告の情報を受け取った後の反応を観察する事が難しいです。しかし、インターネットメディアであればクリックや広告を見た時間などの情報が手に入るため、次につなげる戦略を立案しやすいです。

広告視聴者の数

言わなくても分かるかもしれませんが、広告視聴者の数は圧倒的にマスメディアの方が多いです。特に、テレビは他のマスメディアと比べても視聴者が多く、視覚や聴覚など人間の感覚機能に訴える広告を打つことが可能です。そのため、幅広い属性の消費者に情報を伝達できます。一方で、インターネットメディアは視聴者数は劣るものの、ターゲティング機能が豊富に存在するため、個人に最適な広告形式で情報を伝えることが出来ます。

メディアの果たす役割

私たちが普段目にするメディアはどのような役割を持っているのでしょうか。ここでは、メディアの主な役割について2つ解説しています。

コンテンツの提供

メディアは情報伝達を媒介する手段であるため、必然的に何かしらのコンテンツを提供する役割を担います。また、そのコンテンツは良質でなければなりません。テレビを例に見ると、放送法などにより公平な立場で報道しなければならない等、様々な規定が存在します。しかし、インターネットメディアは最近登場したため、法整備がまだ足りていないのも事実です。SNSなどによる誹謗中傷等、ユーザーの発信する情報にどこまで規制を設けるのか、媒体社は目を配りながら考えなければなりません。

コンテンツの信頼性や正確性の確保

メディアは誰でも閲覧する事が出来るため、情報の取扱いは慎重に行わなければなりません。特に、視聴者が多いマスメディアは誤った情報を報道すると、国民全体の生活に支障をきたす場合があるため注意が必要です。インターネットメディアも同様です。しかし、SNSは匿名性が高いためメディア利用者も、どの情報が正しいかを見極められるようにネットリテラシーを磨いておく必要があるでしょう。

メディアの連携(クロスメディア)戦略

近年ではITの発展に伴い、様々なインターネットメディアが登場しています。そこで、新たなマーケティング戦略の1つにクロスメディアの考え方が登場しました。クロスメディアとは、商品・サービスについて複数メディアを用いた広告宣伝活動を指します。商品の認知から購買までのプロセスを促進するために、各プロセスで効率良くアプローチできるメディアを複数連携し、最適なマーケティング戦略を描いていきます。

皆様も一度は耳にしたことがあるでしょう、TVCMにおける「続きはwebで」もクロスメディア戦略を上手く取り入れています。TVCMは、見られる機会が非常に多いため消費者の認知機能に働きかけるには最適なメディアです。そして、自社のwebサイトはTVCMきっかけで商品・サービスに興味を持った消費者を購買へと繋げるのに適したメディアです。そのため「続きはwebで」とTVCMで伝える事により興味を持った消費者の高まった購買欲求を減少させることなく購買へと繋げられるのです。

インターネットメディア間では、インスタやTwitterなどの広告に自社サイトのリンクを掲載しておくことで、興味を持ったユーザーを上手く囲い込むような戦略を施しています。このように、マスメディアとインターネットメディア間やインターネットメディア間だけでのクロスメディア戦略も非常に注目を集めています。近年では、マスメディアを抜く勢いでインターネットメディアが反映いるため、マスメディアは凋落しないように上手くインターネットメディアと関係を取り持ち、生存戦略を描く必要があると言えるでしょう。

メディア連携によるマーケティング戦略について、さらに詳しく知りたい方はトリプルメディアとは?各メディアの特徴と運用のコツを事例を踏まえて解説の記事を是非ご覧ください。

まとめ:各メディアの特徴を把握した使い分けが大事

時代が進むにつれて、様々なメディアが登場します。各メディアによってユーザー層や役割も異なるため、メディアを介したマーケティングを行う際は慎重に利用するメディアを選定しましょう。また、マーケティング目標に応じてクロスメディア戦略を活用するのかも念頭に置きいたビジネスの展開を意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。