マーケティングとは何かを意味や役割を踏まえて分かりやすく解説

現代ビジネスに欠かせないマーケティング。この言葉は現代社会において広く使用されており、誰しも一回は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、実際にマーケティングの意味や役割を正確に応えられる人どれほどいるでしょうか。この言葉の本質を理解してビジネスをするとしないでは目標と結果に大きな差が生じます。そのため、今回はマーケティングの意味や役割について解説していきます。

マーケティングとは

マーケティングの解釈は人によって様々で一概に定義づけることが難しいです。
しかし、マーケティングとは何かを簡単にまとめると、顧客ニーズを中心に考え「自社の製品サービスを買ってもらう仕組み」を構築する活動と表す事が出来ます。

マーケティング活動の一環である宣伝や広報、商品開発は全て顧客ニーズを念頭に置き、どうしたら自社の製品サービスが売れるのかを考えて活動しているのです。

かの有名な経営学者:ピーター・ドラッカー氏は『マーケティングの理想は販売を不要にすることである』と述べています。マーケティングの究極の目的は、顧客が対価を払ってよいと思える価値を効率的に提供し、顧客満足を獲得しつつ利益を最大化する事にあるのです。

マーケティングの役割

マーケティングの役割は企業と顧客の2つから見る事が出来ます。
企業にとっては「自社の製品サービスを顧客に買ってもらう仕組み」であり、顧客にとっては「自分の需要に合う製品サービスに誘導する仕組み」です。

よって、マーケティング役割は企業と顧客の目的を近づける事にあるといえます。これを理解せず、企業視点のみで自社の商品を効率良く販売するためにマーケティングを駆使していると、顧客から見限られ利益創出も一過性のものになってしまいます。そのため、マーケティングの役割は企業と顧客の視点で着目し、しっかりと企業活動に反映させる必要があります。

なぜマーケティング注目されるのか

マーケティングは時代が進むに連れて注目されるようになりました。
その背景には、様々な環境変化があるのです。

・テレビ離れによるマスマーケティングの低迷
・不況が続く事により、消費者の購買活動における観察眼の厳しさが増す
・ネットが進んだことによるデジタルマーケティングの進歩

このほかにも、様々な環境変化がありました。
上記のような環境変化が起きたことにより、消費者は情報を自ら取りに行くことが可能になりました。その結果、CMやテレビショッピングのような企業からの一方的な情報発信(アウトバンドマーケティング)では通用しなくなり、消費者をこちらに呼び寄せる(インバウンドマーケティング)が注目されるようになりました。

このことから、従来のマーケティングで消費者を魅了する事が難しくなってきている事が分かります。特に、アウトバウンドマーケティングは企業都合が色濃く反映されるため、消費者が興味をそそられなかった場合は大きな損失に繋がりかねません。そのため、現代では企業は顧客の視点を取り入れ長期的な関係を築くことが求められており、それを可能にするための手段としてマーケティングが注目されているのです。

ニーズとウォンツ

ここまで見てきて分かるように、マーケティングにおいて重要なのは「顧客は何を望み、自社はどのような価値を提供すべきか」を考える事です。企業は顧客を自社に呼び寄せるために、顧客の欲求を満たす製品サービスを創出し、顧客満足を向上させる作業が求められます。

ニーズとは

ニーズとは、衣食住など人間の生活において感じる「満たされない欲求」を指します。つまり、目標を達成するうえでの不足を表します。

ウォンツとは

ウォンツとは、ニーズを満たす為に製品化されたものを求める感情を表します。つまり、ニーズを充足するための具体的な製品サービスへの欲求を表します。

人はニーズが前提にあり、それを解消するためのウォンツを求めるのです。
例えば、「冬場に体を安定して温めたい。家の外でも暖かい状態をキープした状態で過ごしたい。」というのがニーズであり、それを解消するための製品となったのが「カイロ,アウター,手袋」といったウォンツです。

ニーズとウォンツにおける留意点

マーケティングにおける課題は顧客の本質的なニーズを捉え、それを具体化した製品に落とし込むことにあります。しかし、表面的なニーズを満たしていても顕在化していないニーズを満たす事は多くあります。かつて、ガラケーが一世を風靡していたにも関わらず、スマホの登場により一気にシェアを奪われてしまいました。これが起きた背景に、スマホが消費者の見えないニーズを具現化したことがあるのです。

その例の1つがボタンです。スマホはガラケーにあったボタンを採用せず、代わりにタッチパネルを導入しました。そうする事で、「文字入力時間を短縮したい」というニーズを「タッチパネル」というウォンツにより解消する事に成功しました。

しかし、ウォンツにおいても留意すべきことがあるのです。ウォンツが明らかになったとしても満足してはいけません。明確にしたウォンツを基にさらなる価値提案の可能性を探る必要があります。例えば、「包丁」というウォンツに対して「安全に使える」「早く切れる」「切れ味が良い」など、より顧客を魅了する付加価値をウォンツに与えていくことが大事なのです。そうする事で、潜在ニーズを明らかにし自社の繁栄をより長期的なものにする事が可能になります。

まとめ

マーケティングは「自社の製品サービスが売れる仕組み」を構築する活動です。時代の流れとともにマーケティングの在り方も変化し、現代では顧客と共存し長期的な関係を築くことを前提にしたマーケティングを行う事が企業に求められています。そのために、ニーズとウォンツをしっかりと見極めて顧客は何を望み、自社の提供できる価値は何かを深堀していく必要があるのです。そうする事で、画期的な製品サービスを生み出し、自社の繁栄に繋げることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。