リスティング広告とは?種類やメリットについて簡単に解説

リスティング広告 サムネ

リスティング広告は、検索エンジン(GoogleやYahoo!)を利用したことがある方であれば、誰でも目にした事があり馴染みの深い広告です。

ですが、リスティング広告は聞いたことがあるものの、どのような広告であるのかをきちんと理解できていますか?リスティング広告は、広告運用において大切な用語です。

そこで、今回はリスティング広告について仕組みや種類・出稿のメリットについて分かりやすく解説したのでぜひご覧ください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーの検索結果や訪問したWebサイトの内容に連動して表示されるweb広告の形式です。GoogleやYahoo!などの検索エンジン上で配信する広告であり、ユーザーのクリックに応じて広告料金がされるため、費用対効果の高い広告として注目されています。

パフォーマンス(クリックや成果など)に対して広告費を支払う意味から「P4P(Pay for Performance)」や「PPC(Pay per Click)広告」とも呼ばれます。

リスティング広告の種類

リスティング広告には、「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」の2種類の広告タイプが存在します。どちらもクリック課金型の広告ですが、広告を表示させるための指標が異なります。以下で、分かりやすく解説しているため詳しく見ていきましょう。

検索連動型広告

検索連動型広告 説明画像

検索連動型広告とは、ユーザーの検索したキーワードに連動して検索エンジン上に表示されるテキスト広告です。リスティング広告と言えば、検索連動型広告とイメージしている方も多くいらっしゃいます。検索連動型広告は「入札上限単価」×「品質」によって決まる広告ランクによって、上記画像のように検索結果に表示される広告の位置が変化します。

「品質」はCTRなどにより変化し、「入札金額」は狙うキーワードにより変化し人気のキーワードであるほど金額が高くなります。

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告 説明画像

コンテンツ連動型広告とは、ユーザーのweb上での行動履歴データを基に興味・関心に連動した広告をwebサイト上に表示させる形式の広告です。リスティング広告と聞くと、検索連動型広告をイメージする方が大半ですが、実はコンテンツ連動型広告もリスティング広告に該当します。

この広告は、ディスプレイ広告の1種であり、広告が掲載される場所は画面の端である場合が多いです。そのため、リスティング広告という認識が無い方も多くいらっしゃるのでしょう。ちなみに、上記画像では右上に表示されている楽天モバイルの表示がコンテンツ連動型広告に該当します。

検索連動型広告と比較すると、表示回数は少ないですがテキスト広告ではあくバナー広告を表示させるため、視認性に優れている特徴を有しています。

リスティング広告のメリット

リスティング広告を掲載する事で、様々なメリットを得ることが出来ます。また、そのメリットは検索連動型広告とコンテンツ連動型広告では異なります。そのためこの章では、検索連動型広告のメリットとコンテンツ連動型広告のメリットに分けて紹介していきます。

検索連動型広告のメリット

検索連動型広告は、インターネット広告の中でも比較的簡単に取り組む事の出来る広告です。ここでは、検索連動型広告のメリットを3つ紹介していきます。

1.費用対効果が高い

検索連動型広告は、ユーザーが興味・関心を持って検索したキーワードの連動して表示されます。また、クリック型課金の広告であるため、高いクリック率を見込めるだけでなく購入などの成果に繋がりやすい傾向があります。そのため、費用対効果が高い広告として注目されています。

2.効果検証をしやすい

検索連動型広告は、申し込みから広告掲載までの期間にタイムラグがありません。そのため、広告効果が低い場合はキーワードを変更して効果を経過観察するなど、効果検証をしやすい傾向にあります。

3.広告予算が少なくても始められる

検索連動型広告は、クリックに応じて課金される広告であり、そのコストは「クリック単価×クリック数」で求められます。そのため、広告予算の目途を立てやすく工夫次第では低コストで高いCV率を誇る事も可能です。広告配信をしたいものの初めてで良く分からない方は、まずは検索連動型広告を利用する事をオススメします。

コンテンツ連動型広告のメリット

コンテンツ連動型広告のメリットは様々なですが、ここでは代表的な2つを紹介しています。

1.視認性が良い

コンテンツ連動型広告は、サイトの端に掲載される事が多いですが、画像・動画・音声などを用いた広告であるため、視認性に長けているメリットがあります。テキスト広告である検索連動型広告とは異なり、多くの情報をユーザーに提供できるため目的に応じて効果的にアプローチする事が可能になります。

2.見込み客に効率的にアプローチできる

コンテンツ連動型広告は、ユーザーのサイト訪問履歴などの行動データを基にして配信できます。そのため、見込み客に効率的にアプローチする事が可能です。

また、広告が嫌われる理由の1つに「コンテンツと関係の無い広告が表示される」事があります。しかし、コンテンツ連動型広告は、その名の通りサイトの内容と関係のある広告を表示させるため、不快感を与える事無く広告を表示させることが出来ます。

また、ターゲティング精度の高い広告を表示させても「監視されている気分」であると感じ、不快感を覚える人も一定数います。しかし、コンテンツ連動型広告であれば、不快感を感じさせず行動を追跡されている印象を与えずに広告を表示させることも出来るのです。

まとめ

リスティング広告=検索連動型広告と考える方も多いですが、実はコンテンツ連動型広告も含まれます。リスティング広告は、ユーザーの行動データを基に自由に広告を表示させることが可能なため、高い広告効果を期待できる上に少ない金額から始められます。web広告の重要性が認識されつつある現代ビジネスにおいて、リスティング広告を活用する事で、効率良いビジネス展開を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。