インターネット視聴率とは?意味や活用法を紹介

インターネット視聴率

近年、ネット広告の需要は高まりを見せ続け4大マスメディアを抜く勢いで成長しています。ネット広告の強みはマス広告よりも広告効果測定をしやすい点にあり、さらにこの強みを伸ばすために様々なアドテクノロジーが登場しています。今回は、この成長の波を後押しするのに欠かせない要素の1つであるインターネット視聴率について解説していきます。広告配信を検討している方やマーケティング関係者の方は是非参考にしてください。

インターネット視聴率とは

インターネット視聴率とは、webサイトがどれくらい閲覧されているのかを統計的に表したデータです。テレビ視聴率のインターネット版と考えるとイメージしやすいかもしれません。視聴データはパネルデータと実数データの2つ大きく分類され、インターネット視聴率は前者のパネルデータに含まれます。

パネルデータは割合(%)で表示されるデータで、webサイトを視聴していない人のデータも含めて全体的なデータを算出する事が出来ます。従って、あるサイトを閲覧した人と閲覧しなかった人の分析が可能なため、両者の違いを明確にしてサイトの質を向上させられます。

参考:weblio インターネット視聴率とは

インターネット視聴率の算出方法

インターネット視聴率は、特定期間内における対象モニターのメディア視聴数を計測し、ユーザー全体の視聴動向を推測する形式で算出します。そのため、モニター調査ではサンプルを無作為抽出し、統計に偏りの無い方法でデータを収集しなければなりません。そうすることで、精度の高い推計が可能となります。

インターネット視聴率の計測が重要な理由

インターネット視聴率が注目される大きな理由の1つは、精度の高いデータ集計によりPDCAを的確に回せることがあります。従来のマス広告では、IT技術との関係性が希薄であったため広告効果測定の正確性は分かりづらかったのが、テクノロジーの進化に伴い、IPアドレスやcookieなどを用いて正確に個人を割り出す事が可能になったのです。そうすることで、webサイトに訪れたユーザーの活動記録を正確に把握して売上高を向上させるための施策を考えやすくなりました。これが起因してインターネット視聴率が重要な役割を担うようになりました。

インターネット視聴率の際に使われる指標

インターネット視聴率を測定する際は、様々な指標が用いられます。ここでは、代表的な6つの指標を解説しています。

推定接触者数

特定のサイトやページにアクセスしたユーザー数を、モニター対象の総数で割り推定人口をかける事で算出します。このデータを用いることで、どれくらいのユーザーが分析対象のサイトに訪れているのかを観察できます。

接触者数(リーチ数)

特定のサイトやページにアクセスしたユーザー数を有効サンプル数で割って算出します。この指標を用いることで、対象サンプルのうち何%の人が分析対象のサイトに訪れているのかを観察できます。

平均接触回数(フリークエンシー)

特定のサイトやページの合計接触数を接触者数で割って算出します。これにより、ユーザー1人あたりの平均接触数が分かり、分析対象のサイトがユーザーにとってどれくらいの価値があるかを分析できます。一般に、この値が高ければ高いほど良いとされています。

平均視聴ページ数

特定のサイトへの総閲覧ページ数を接触者数で割って算出します。これにより、ユーザー1人がどれほどサイト内のページを閲覧したかが分かります。これも平均接触回数と同様に高ければ高いほど良いとされています。

推定視聴ページ数(PV)

平均視聴ページ数に推定接触者数をかけて算出します。PVはユーザーがページを見た行動が反映されるため、サイト運営者が非常に重視する指標の1つです。PVが多ければ多いほど見込み客や広告視聴数増大の可能性も高まります。

平均滞在時間

特定のサイトやページが閲覧されたそう時間を接触者数で割って算出します。この値が低いとユーザーがサイトからすぐに離脱しているため、質の低いサイトであると判断できます。逆に、滞在時間が長ければユーザーにとって有用なサイトであるといえるでしょう。

インターネット視聴率の活用法

インターネット視聴率を活用する事で、様々な施策が可能になります。例えば、インターネット視聴率を活用する事で、ターゲットユーザーに効率良く自社製品を認知してもらうために、どのwebサイトに広告を配信すべきかを考える事が出来ます。仮に、若者向け美容品を提供する会社を広告主として、どのwebサイトで広告出稿をしようか悩んでいるとします。この際、各webサイトのインターネット視聴率を集計し、全ユーザー中の主要な年齢層で比較して若者の割合が最も多いwebサイトへ広告出稿を出せば良いと考える事が出来るわけです。

その他、居住地のデータでサンプルを比較する事を通じて、自社店舗に通えるユーザーが訪問する事の多いwebサイトへ広告出稿をする事で、高い広告効果を得られることも出来ます。また、訪れるユーザーの特徴から自社のポジションはどこであるのかを第三者視点で確認する事も可能です。ブロガーにとっては、平均滞在時間を観察する事で、自分の運営するサイトがユーザーにとってどれほど有益かを確認でき、投稿記事の形式や質の改善に繋げることが可能です。以上からも、インターネット視聴率は様々な方向で応用が効くと言えるでしょう。

 

インターネット視聴率を利用する際のポイント

インターネット視聴率を利用してユーザーを分析する際は、意識すべきポイントがいくつかあります。下記では、そのポイントについて簡単に説明しています。

分析目的を明確にする

インターネット視聴率から分かる事は非常に多いです。「サイトの位置づけ」「ユーザー層」「サイトに対するユーザーの評価」「どの記事が人気」など挙げればきりがありません。そのため、分析の際に目的を明確に出来ていないとどの指標を見ればよいのか分からずに無駄な時間を消費してしまうでしょう。これが起きないようにするためにも、分析目的を明確にしておきましょう。

多様な視点を持つ

これはどの分析においても通じる話ですが、狭い視野で分析を行うと得られる情報や次へのアプローチの手段が少なくなります。そのため、分析指標1つのデータにしても「何故このデータに落ち着いたのか」「考えられる要因は何か」「プラスとマイナスの側面」など分析目的に合わせて様々な可能性を探るようにしましょう。

重視する指標に優先順位をつける

分析目的によって、インターネット視聴率を分析する指標は大きく異なります。「認知」「購買」「リピート」のうち、どのアクションを重視するかによって見るべき指標も変わるのです。そのため、全ての指標を重視してサイトを分析するのではなく、目的に応じて重視する指標に優先順位をつけるようにしましょう。そうする事で、正確かつ効率良くPDCAを回す事ができます。

まとめ:目的に応じた分析を大切に

インターネット視聴率を分析する事で得られる情報は非常に多いです。その理由は分析指標や解析ツールの技術発展によるものです。そのため、インターネット視聴率を分析する際には何のために分析するかを予め決めておくことが必要です。分析に限らず、全てのビジネスにおいて「何のために」「何を」するのかは最低限定めておくようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。