データエクスチェンジとは?意味やメリットを分かりやすく解説

データエクスチェンジ

現代社会において、データを駆使したビジネスは年々重要性を高めています。しかし、自社だけではデータを集めることが困難な企業もあるでしょう。また、広告効果を高めるためにデータを基にした適切なターゲティングを行いたいと考える人も多いのではないでしょうか。そのようなニーズを解消する手段として「データエクスチェンジ」が存在します。今回は、この言葉について意味やメリットを分かりやすく解説していきます。

データエクスチェンジとは

データエクスチェンジとは、ユーザーの属性や購買履歴などのオーディエンスデータを当事者間で交換する仕組みであり、主に広告に活用される事が多いです。メディア運営会社や事業会社がデータを売買する事で、安定した収益を確保できる他、データを買う側は適切なターゲティングを行うことにより、消費者にとって有益な広告を配信する事が出来ます。

データエクスチェンジのメリット

データエクスチェンジは、多方面において様々なメリットを与えています。ここでは、「媒体社」「広告主」「消費者」の3つの視点から見たメリットをそれぞれ解説していきます。

媒体社

媒体社は、運営メディアに蓄積されたデータを販売して収益を上げる事が出来ます。そのため、自社メディアのオーディエンスデータを販売する事で安定した収益を上げる事が可能です。

媒体社にとって、メディアを運営する事で消費者からだけでなく企業からも収益を確保できるわけです。

広告主

広告主のメリットは主に2つあります。

1つ目は、オーディエンスデータを活用する事で、より詳細で適切なターゲティング行えることです。オーディエンスデータには、位置情報や購買データなどユーザーに関する様々なデータが含まれています。そのため、これまではターゲットを絞ってもターゲット以外にも広告が配信される可能性が高かったのが、データを購買して広告配信に反映する事で広告配信の質をより高める事が出来るようになりました。

2つ目は、必要な時に必要なだけ広告取引を行えるため、広告戦略において差別化が可能になる事です。データエクスチェンジで売買されるデータは、位置情報・購買履歴・行動履歴など様々な種類の中から選んで購買する事が出来ます。従って、広告主は広告配信において、ターゲットに応じてどのデータを用いてアプローチするかを考える事が可能です。これにより、広告配信のバリュエーションにも幅が広がり差別化を図ることが出来るのです。

消費者

当然ながら、媒体社と企業間で取引されるデータの根源となる提供者は私たち消費者であり、企業はそのデータを用いて、消費者に最適な広告を表示させています。よって、消費者は興味のある製品サービスに関する広告が表示されるメリットがあります。

これにより、自分にとって関係ない広告が表示される機会が減少し、消費者の潜在ニーズを満たすような製品サービスと出会える可能性が広がるわけです。事実、インターネット広告から何かを購入する消費者は年々増加傾向にあります。

データエクスチェンジの安全性

データエクスチェンジの安全性

データエクスチェンジは、消費者の個人データを売買するため個人が特定されないか心配だと感じる人も多いでしょう。データエクスチェンジで売買されるデータは、電話番号や正確な居住地、メールアドレスなどの個人を特定できるデータの売買はされていません。その代わりに、広告識別子や統計データなど用いてセグメント化したデータが売買されるため、個人の特定はされずに利用する側は安心して取引を行う事が出来ます。

個人の特定までは出来ないものの、購買履歴やユーザー属性の統計データから消費者ニーズを把握する事が可能なため、利用サイドは貴重なデータを入手する手段としてデータエクスチェンジによる取引を行っています。

データエクスチェンジにより可能になる事

データエクスチェンジは、ビジネス上の様々な事を可能にしてきました。データを活用したビジネスの展開は、もはや現代社会では当たり前になってきたといえるでしょう。

新製品開発のサポート

前述した通り、データエクスチェンジを介してデータの購買者は消費者のオーディエンスデータを手に入れる事が出来ます。そこで得たデータは、「○○地域の消費者にはこのゆうなニーズがある」「この科目が得意な子供はある習い事をしている」など様々な情報を示しているでしょう。そのため、データの購買者はそれを新たな製品開発の要素として活用する事が可能です。これにより、データに裏付けられたビジネスを展開でき、不発に終わるリスクを低減する事が出来るでしょう。

精度の高いターゲティング

データエクスチェンジを活用する事で、広告主は精度の高いターゲティングを行う事が出来ます。例えば、位置情報を活用する事で「○○地域にお住いの方限定!」のメッセージで訴求してより限定性を高めたマーケティングを行えるでしょう。その他、性別に関するデータを利用すれば、男性向け製品の広告を女性に配信してしまう等、広告費の無駄遣いを避けることが出来ます。

まとめ

データエクスチェンジは、現代社会において無くてはならない役割を担っています。今後もその重要性は増していき注目を集める事でしょう。また、データエクスチェンジを行う際はどのデータが必要かを見極めてターゲティングに活かすようにしましょう。そうする事で、資金の無駄な支出も抑えることが出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。