オーディエンスデータとは?意味や分析方法、事例を解説

オーディエンスデータとは、webサイトへのアクセス履歴や商品購買履歴を表すデータを指します。テクノロジーの発展と共に、ビッグデータ活用の重要性は高まりを見せつつあります。中でも、オーディエンスデータの活用は広告を始めマーケティングの世界において、非常に重宝されています。

しかし、この意味や分析・活用方法について良く分からない人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はオーディエンスデータについて事例を用いて分かりやすく解説していきます。

オーディエンスデータの意味

リサーチ会社である、ネオマーケティング社によるとオーディエンスデータは下記のように説明されています。

オーディエンスデータとは、会員情報やWebサイト上の行動履歴などを、主にクッキー(Cookie)で収集したデータのこと。

引用:ネオマーケティング

つまり、オーディエンスデータはweb上でのユーザーの動きを表すデータと言えるでしょう。正式には、cookieやスマホアプリの広告識別子を基にした、個人を特定しない程度のデータをオーディエンスデータと言います。これらのデータを活用することで、企業のマーケティングの可能性は広がります。インターネット広告では、ユーザーのオーディエンスデータを分析して、そのユーザーに最適な広告を打つなどしてビジネスに応用されています。

たとえば、あるユーザーが美容サイトを頻繁に訪れて美容品を良く購入する場合には、購入した商品と親和性のある商品広告などが表示されます。また、オーディエンスデータから位置情報を分析して、特定地域のユーザーのみに広告配信するなどして、広く活用されています。

オーディエンスデータの分析・活用方法

オーディエンスデータの活用と分析

広告主は、自社の設定したターゲット絞れる広告配信へのニーズが高いです。そのようなニーズに応えられるのがオーディエンスデータを活用した広告配信技術です。

オーディエンスデータは、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)と呼ばれるインターネット上の多くの情報を蓄積するプラットフォームにより管理されています。これがあることで、ユーザー属性や行動履歴などのオーディエンスデータを分析して、適切なターゲティングが出来るようになったのです。

スマホやパソコンから収集されたビッグデータの活用は、今後のビジネスを成功する鍵を握ると言われています。例えば、オウンドメディアへの流入キーワードや閲覧したコンテンツ・広告の情報を収集する事で、ユーザーの興味関心や購入のきっかけを知る事が出来ます。DMPを活用する事によって、広告出稿だけでなく新規ユーザーの拡大のためのビジネスチャンスを掴んだり、マーケティングオートメーションやCRMとの連携を図ることも可能になります。特に、インターネット広告配信では、DMPを活用したターゲティングによりターゲット層に効率良くアプローチが出来るため、非常に重宝されています。

オーディエンスデータを活用した広告事例

テクノロジーが発展した現代において、オーディエンスデータを活用したプランニングが進んでいます。例えば、ブランディングにおける認知拡大に焦点を当てた場合、デモグラフィクス変数やサイコグラフィクス変数を用いてターゲットに効率的にアプローチできるメディアを選定します。この時、アクセス解析ツールだけではサイトに訪問していないユーザーの分析は不十分です。そこで、先ほど紹介したDMPを活用する事により、マーケティング目標に最適なプランニングが可能となります。

例えば、新たにマイホームを探している人に対して近場のマンションの広告が出される事があります。この背景には、オーディエンスデータにおける位置情報やサイト訪問情報を活用して広告を配信している事が考えられます。また、家族構成や年齢などに関する情報があれば、更に個人のライフスタイルに最適な広告を配信する事が可能になるでしょう。

まとめ

オーディエンスデータは、テクノロジー社会において必要不可欠なデータです。また、このデータを活用するためにもDMPを利用して広告配信する広告主も非常に多いです。その際に注意すべき点として、どの情報に重きを置くのかを考える事が挙げられます。目的に応じてどの変数を重視すべきかをしっかりと考えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。