広告会社とは?役割や種類、仕事内容について解説

広告会社とは

皆さまは広告会社はどのような仕事をしているかご存知でしょうか?広告を作る会社であるのは知っていても、具体的な業務内容までを把握している人は少ないのではないでしょうか。それもそのはず、広告会社はBtoBであるため他業種と比較して仕事内容について理解するのは難しいと思われます。

  • 広告会社に仕事を依頼したい
  • 広告会社に就職したい
  • マーケティングに興味がある

今回は、上記に該当する方向けに、広告会社についての理解を深められるように広告会社の実態について解説しています。

広告会社の役割と種類

広告会社とは、広告主(広告依頼者)と媒体社(新聞、テレビ、雑誌などの広告枠の提供会社)の間に立ち、広告主のマーケティング戦略全体を策定・実行しマーケティング目標達成を支援する会社です。広告代理店と呼ばれる事が多いですが、近年では広告会社の名称が広がりを見せています。

広告会社は総合広告代理店と専門広告代理店の2つに大きく分ける事が出来ます。

総合広告代理店

総合広告会社とは、テレビやラジオなどのマスメディアを中心に多様なメディアを取り扱い、広告主のマーケティング支援を総合的に行う会社です。総合広告代理店の例として、電通や博報堂が挙げられます。

電通や博報堂は総合広告代理店として位置づけられ、主にマス広告の制作を業務としています。しかし、インターネットが広く普及したことからネット広告をクロスメディアをして位置付け新たな広告の展開を見せています。広告制作全体の中でネット専業広告代理店と協力し、クロスメディアソリューション(複数メディアを組み合わせた広告戦略)を提供しているのです。

また、ネット広告市場の拡大に対応して、新たにネット専業広告代理店の新会社を設立するなどの立ち回りを見せています。

専門広告代理店

専門広告代理店とは、ネット広告や雑誌広告など特定の広告媒体に特化して広告主のマーケティング目標達成を支援する会社です。扱うメディアの専門性だけでなく、特定の地域だけに絞ったソリューションを提供する専門広告代理店も存在します。

専門広告代理店では、特定媒体者の広告枠を売る営業活動に力を入れいるため総合広告代理店よりも安価で広告出稿が可能です。ただ、扱う媒体社に限りがあるため総合広告代理店のようなクロスメディアソリューションを提供する事は得意にしていません。

しかし、ネット広告専業広告会社はネット広告市場に特化したビジネスを展開しその市場も拡大傾向にあるため、ネット広告に関して高い専門性を持ったマーケティング施策を提供する事が可能です。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、広告主専属の広告代理店です。広告主専属の広告代理店であるため、大企業の広告宣伝部が独立しているケースが多いです。そのため、特定の事業会社から仕事を受注する場合が多いです。

また、特定の事業会社の広告制作を手掛けることが多い為、コミュニケーションがスムーズに進み安定した広告出稿が可能です。

ハウスエージェンシーの中には、取引先を拡大させ総合広告代理店のような機能を持つ会社もあります

例えば、JR東日本企画や東急エージェンシーは元々鉄道系列のハウスエージェンシーでしたが、現在では多くの会社の広告出稿を請け負っています。

広告会社の仕事内容

広告会社とは

ここまでの解説を通して、広告会社の種類とその役割を掴めたと思います。さらに広告会社についての理解を深めるためにも、広告会社の仕事内容についてここで解説していきます。ここでは、広告会社の仕事内容を皆様がイメージしやすいように、営業職とクリエイティブ職に分けて紹介しています。

営業職

営業職は、広告の仕事を獲得をする事をメインに働きます。アカウントエグゼクティブや企画営業など会社によって多種多様な呼び方が存在しますが、意味合いはほぼほぼ同じです。

営業職は、広告主の担当者としてクライアントの課題からニーズをくみ取り、プレゼンテーション~広告実施までの全責任を負っています。

また、社内ではマーケティング担当者や制作担当者など広告制作に携わる全ての人材をまとめ上げ、スケジュール調整からコスト管理の責任を負っています。

広告会社における営業職は事業会社と異なり、社内ではプロデューサーとしての役割を担う場合もあるのです。大変ではあるものの、非常にやりがいを感じる職種であると言えるでしょう。

クリエイティブ職

クリエイティブ職は、広告出稿に関する広告物を作成する仕事を担当します。

市場調査を通じて企画書を作成するマーケッターや、プランニングを行うプランナー広告主のニーズをくみ取りどのような広告を作成するか企画するプランニング(プランナー)も含める場合もあります。

一般に、大手広告代理店では広告制作は外注する場合が多いです。したがって、大手広告代理店のクリエイティブ職では、実際に広告物を作成するよりもデザインで表現したい内容や、構成を統括する役割を担うことが多いでしょう。

マス広告からネット広告の時代へ

現代では、スマートフォンが普及し誰でも気軽にインターネットにアクセス出来るようになりました。また、YouTubeやSNSが登場したことにより従来のマス広告では出来なかった、精度の高いターゲティング広告の需要が拡大を見せています。加えて、2020年に大流行したコロナウイルスの影響で広告市場は全体として落ち込んだものの、唯一ネット広告市場は成長を記録しています。

この市場動向からも、ネット広告は現代の広告において欠かせない存在になったことが言えるでしょう。マス広告からネット広告が主流になりつつある今、ネット広告を如何に駆使してマーケティング目標を達成するかが企業には求められています。

まとめ:広告会社はニーズに合わせて変化していく

広告会社は広告主のマーケティング目標を達成する為に広告を介した支援をする会社ですが、その種類や働き方は多様化し複雑さが増しています。

また、その種類によって強みとする分野や広告出稿の相場も変化します。広告出稿を検討している方は、一度広告代理店に相談をしてみると良いでしょう。

【マーケティングの基本知識】STP分析とは?意味や分析方法をスターバックスの事例を交えて徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。