アドテクノロジーとは?種類や仕組み、メリットを分かりやすく解説

アドテクノロジー

ネット広告が広がりを見せるにつれ、ユーザーに最適な広告を配信するために様々な工夫が施されてきました。その裏には、アドテクノロジーの存在が挙げられます。このシステムのおかげで、広告主・媒体社・ユーザーはそれぞれの便益を確保できるようになったのです。しかし、アドテクノロジーは複雑なためあまり理解していない人も多いのではないでしょうか。そのような方向けに今回は、アドテクノロジーについての理解を深められるように種類、特徴について分かりやすく解説していきます。

アドテクノロジーとは

アドテクノロジーとは、アド(広告)+テクノロジー(技術)の造語であり、高度な広告配信のシステムを指します。

ネット広告を実現させるために必要な情報技術で、調査・分析~プランニング~広告配信・レポートなど、ネット広告における全てのプロセスがアドテクノロジーと関係しています。そのため、アドテクノロジーはデータ分析1つをとっても、視聴率解析データ,アクセス解析データなど様々なものがあり、全てを完璧に理解している人はそうそういないでしょう。

アドテクノロジーの例として、パソコンやスマートフォンなどのデバイスごとで広告の見え方を変更する技術が挙げられます。この技術が登場する以前は、PC広告とスマートフォン広告を分けて設定する必要がありましたが、アドテクノロジーの登場によりデバイスに合わせて広告が最適化されて表示されるようになったのです。

アドテクノロジー登場の背景

アドテクノロジーが登場する以前の広告主は、広告出稿に対して様々な問題点を抱えていました。

・広告の効果測定を正確に出来ない
・データ指標がメディアごとに異なる
・広告出稿に最適なメディアを選ぶことが困難
・検索エンジンの仕様が変わるとエラーのリスクがある
・急な広告配信が出来ない

これらの問題を解決するために、アドテクノロジーが登場しました。これにより、広告主はコンテンツごとに最適な広告出稿が可能になった他、広告の即日出稿や広告の正確な効果測定を行う事が可能になったのです。

今後も、ネット広告市場は拡大を見せ続け新しいアドテクノロジーがさらに登場していくことでしょう。

アドテクノロジーの仕組み

ネット広告は、時代の流れに合わせてユーザーにより良いメッセージを,広告主に洗練されたマーケティング戦略を,媒体社に新たなビジネスチャンスを提供する事を求められています。これを実現するには、アドテクノロジーについて根本から理解し、テクノロジーの持つ価値を上手く活用しなければなりません。

アドテクノロジーによって、広告主はユーザーの居住地域に合わせた広告や性年代に合わせた広告を配信できるようになったのです。また、効果測定におけるアドテクノロジーの発達によりこれまで以上にPDCAサイクルを高回転させて、高い投資費用効果を見込めるようになりました。

ネット広告市場の拡大に合わせて、アドテクノロジーの重要性はどんどん増していくでしょう。

アドテクノロジーを提供する会社の役割

アドテクノロジーを提供する会社はネット広告を配信するにあたり多くの役割を果たしています。例えば、ネット広告のプランニング・広告取引・広告配信など、広告における最初から最後までを支援しています。アドテクノロジーを提供する事により、広告主だけでなく消費者の豊かな生活を実現出来ているのです。

アドテクノロジーを提供する会社の代表例として、Googleが挙げられます。Googleは広告配信会社としての機能を果たし、Googleのサイト内に投稿されたwebページを訪れたユーザーに対して個別の広告を配信する事を可能にしました。また、Googleアナリティクスと呼ばれるアクセス解析ツールを提供し、広告配信をより効率的に行えるように広告主に大きなメリットを提供しています。Googleをはじめとしたアドテクノロジーを提供する会社は、ネット広告を配信する上で欠かせない存在であると言えるでしょう。

アドテクノロジーの種類

アドテクノロジーの種類は非常に多く、全てを理解する事は難しいです。ここでは、広告初心者の方でも簡単に理解できるようにネット広告で重宝されているアドテクノロジーについて解説しています。

広告配信管理システム:アドネットワーク

アドネットワークとは、媒体社(広告枠を提供するメディア)へ広告配信を効率的に行うシステムです。広告配信までの手間を省き、このシステムに入札する事で広告主はwebサイトやスマホアプリなど様々なサイトに広告配信を出来るため、一気に認知拡大が可能になりました。ネット広告黎明期から誕生し、ビデオ広告やスマホに特化したものなどその種類は多様化しています。

しかし、価値の高い広告枠を持っている媒体社にとっては、低価格で落札されてしまう可能性や、広告主にとっては最適なユーザーに向けた広告を配信できない可能性もあるため、注意が必要です。

広告枠の売買システム:アドエクスチェンジ

アドエクスチェンジは、媒体社の持つ広告枠を入札し売買できるシステムです。そのため、アドエクスチェンジでは高額入札者が広告を配信する権利を得ます。この方式をRTB(リアルタイム入札)といいます。

アドネットワークのデメリットであった、媒体社が低価格で広告枠を購入されてしまうポイントを改善したシステムです。

メディア向け収益最大化広告配信:SSP

SSPは、Supply Side Platformの略称で、媒体社の収益最大化を図るシステムです。

このシステムでは、インプレッションに応じて広告単価がカウントされ一番費用対効果が高い広告が自動配信されます。アドネットワークとアドエクスチェンジが多く登場したことにより、どちらで広告枠を販売したら良いか悩んでいた媒体社の問題を解決したシステムといえるでしょう。

広告主向け広告効果最大化広告配信:DSP

DSPは、アドエクスチェンジやSSPと連携させることで広告配信で得たデータを活かし、ターゲットユーザーの興味関心に訴求し、広告の最適化を行います。

広告取引や広告配信を自動化する事で広告主の手助けを行うだけでなく、媒体社(広告枠を提供するメディア)にも高単価で広告枠を購入されるメリットがあります。

ターゲットユーザーに対して最適な広告を配信する方法を知りたい方はターゲティング広告とは?仕組みや種類、規制について解説の記事をご覧ください。

Web上のユーザーデータ管理:DMP

DMPは、データマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)と呼ばれ、Web上のあらゆるデータを統合、多面的に分析できるアドテクノロジーです。収集したデーターを管理してユーザー別に最適な広告を配信でき、購入までの成約率を向上させる手助けを行います。また、一度webサイトに訪れたが購入に至らなかったユーザーに対してその商品に関する広告を配信する事で、購入へ繋げる事も可能です。

第三者システム経由の広告配信:3PAS

3PAS(Third Party Ad Serving)は、第三者システム経由の広告配信として重宝されています。ここでいう第三者は、DSPなどの他アドテクノロジーを指しています。3PASは、広告効果の最大化やキャンペーン運用の最適化をするために広告効果測定や配信予算などを統括して管理するシステムです。

まとめ

アドテクノロジーはネット広告の発展に伴い、多種多様な広がりを見せています。そのため、昔は主流だったアドテクノロジーが現在では新たなアドテクノロジーに代替されている事も多いです。それは、今後にもあてはまるため広告出稿や広告枠の販売を考えている場合には、時代の流れに目を見張っていなければなりません。変化の激しいネット広告業界ですが、特徴やメリットを理解する事で投資対効果を高められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。