【皆がやっていない】周りと差をつける行動や考え方を紹介

突然ですが質問です。周りと差をつけるためには何が必要でしょうか。「お金・運・人脈」を思い浮かべる人もいるでしょう。また、一部の選ばれた人間しかこれらを手に入れられないと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は日常のちょっとしたことを意識することで周りと差をつける事が出来るのです。今回は、私の実体験も含めて周りと差をつけるための行動を紹介していきます。

周りと差をつけるためには

まず、周りと差をつけるためには何が必要なのかを知っておく必要があります。ここで周りと差をつけるために必要な行動を紹介していますので、是非とも参考にして下さい。

積み重ねを大事にする

一般に、周りと差をつけている人の共通点は積み重ね・努力の量が異なるとされいます。

学歴で考えると分かりやすいかもしれません。東大や京大に合格する人は勉強に対する絶対量が圧倒的に多い傾向があります。

仕事に関しても同様の事が言えるでしょう。事実として、出世する人の多くは周りと差をつけるために仕事の勉強をしています。

そのため、日々の積み重ねがいかに大事かが伺えるでしょう。

隙間時間の活用

周りと差をつけるためには、当然人と同じことをしていては差がつきません。

それは、やり方だけでなく時間の活用の仕方にも表れます。上記で取り上げた積み重ねの話にも繋がりますが、周りと差をつける人は隙間時間を有効活用します。

例えば、電車に乗るときはスマホゲームやYouTubeの娯楽を楽しむのではなく、読書や資格勉強に対して時間を割きます。

勉強などの記憶に関する能力は、隙間時間を活用して覚える回数を増やすことで周りと差をつけることが出来ます。

目標の設定

周りと差をつけるためには、目標の設定を必ず行うようにしましょう。

これにより、目標に区切りをつけることで現状で自身が足りている部分と足りていない部分を自覚する事が出来ます。

すると、自分の足りている部分を伸ばし強みにする事で周りと差をつけ、足りていない部分を強化する事で周りと差をつけられます。

そもそも周りに差を付けられている場合の対処法

そもそも周りに差を付けられている人の場合は、どうやってその差を埋めたらよいか分からない人もいるのではないでしょうか。そのような方の向けに、ここでは周りとの差を埋める方法について紹介しています。

どこで差がついているのかを自覚する

そもそも、周りに差を付けられている人のほとんどは、上位層との実力差を感じていても、どのポイントで差がついているのかを自覚していない人が多いです。そのため、差がついているであろうポイントを洗い出して知覚する必要があります。

陸上選手であれば、練習時間・練習の質、手足の動き、呼吸法、姿勢、スポーツ用品など、様々な競争要因が挙げられます。そのため、まずはどこで差がついているのかを見つけ出し、そこを改善する為のアプローチが必要です。

コツコツを差を埋める意識を持つ

いきなり差を埋めようとすると、上位層とのギャップを余計に感じて苦しくなり逃げ出したい気持ちに駆られる場合があります。また、いきなりすべてを改善しようとすると、どれも中途半端な結果に終わり上位層とのギャップを対して詰められないかもしれません。

そのような事を防ぐためにも、差がついているポイントを見つけ1つ1つのスキルを地道にこなす事で周りとの差を埋める意識を持ちましょう。

やり方に工夫を凝らす

周りと同じやり方をしているのに、何故か自分だけが周りに置いて行かれてしまう人もいるでしょう。そのような方は、そもそもそのやり方が自分に適していないのかもしれません。

人の数だけ個性が存在するため、自分にあうやり方は人それぞれです。例えば、夜の暗記学習が得意な人もいれば朝の暗記学習が得意な人もいます。場所も、人が多い方が集中できる人もいれば、自習室のような静かな場所が集中できる人もいます。

参考までに、私は受験期に時間が無かったため、右側が問題で左側が解説の参考書で学習する際は、左側の解説だけを読書感覚で読んで学習時間を削減する勉強法を導入していました。その結果、偏差値が一ヵ月で20上がり好成績を収める事も出来ました。

周りと差をつけるためのマインド

周りとの差は短期間ではつきません。筋トレと同じで、長期間の取り組みによってやっと知覚されるようになります。そのため、取り組みの中で辛い・もうやめたいと感じる事もあるでしょう。このような事を避けたり、早く立ち直れるために、この章では周りと差をつけるためのマインドを紹介していきます。

時には息抜きも重視する

周りと差をつける事だけを意識していると、どうしても頑張りすぎてしまう傾向に陥るでしょう。はじめのうちは大丈夫かもしれませんが、これが積み重なると心が折れてしまい長続きしなくなってしまいます。そのため、時には趣味や休憩に時間を割くなどして、息抜きを必ずするようにしましょう。

短期間で成果が出る事を期待しない

時には、長期間頑張っていても、中々成果が出ない事もあります。そのような時は、自分の費やしてきた時間が無意味なように感じでしまうかもしれません。しかし、そこでやめてしまっては勿体ないです。自分が周りと差をつける事を諦めている間にも、ライバルの頑張りにより差が開く・縮まるかもしれません。そのため、短期ではなく長期にわたって、周りと差をつける取り組みをする覚悟を持っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。